田中五月

Satsuki Tanaka

準社員

仲間のサポートあってこそ,
仕事をした方が元気が出ます

きっかけは、ママ友からの誘い

私がい志井で働くようになったのは、い志井の社長の奥様とママ友だったのがきっかけです。子供同士が同級生で、幼稚園からずっと一緒だったんです。子供がちょうど小学校3年生くらいのときに、再生酒場で人手が足りないので手伝って欲しいと言われて、ちょうど自分の手も空いていたタイミングだったので、働くようになりました。

続けられるのは、仲間のサポートあってこそ

私が働き続けている理由の一つは、仲間のサポートがあったからです。例えば、主婦も兼ねていて私には、なるべく残業させなように気遣いをしてくださったり、学校行事があると「その仕事はやっておくからいいよ。行っておいで」と声をかけてくださったり。い志井には、一緒に働いている仲間を思いやる空気のようなものが自然と流れているような気がします。

仕事をした方が元気が出ます

もう一つ、私が働き続けている理由があります。それは、仕事に来ると元気になるからなんです。気持ちが落ち込んだりしたときに、家でぐずぐずしているよりも、ここにきて仲間と愚痴でも言い合いながら、パーっと笑いながら働くと、いつの間にか元気になっているんです。仕事をすることでパワーをもらえる珍しい職場だと思います。

将来は自分時間を満喫したい

子供が二人とも社会人になり、独立したら、自分時間で生きるということをしてみたい。人に合わせる時間ではなく、自分に合わせた時間。のんびりとひとりの時間を満喫したい。でも、このことを話すと、「田中さんは、ひとり時間にはすぐに飽きて、またここに戻ってくるよ」と仲間にはよく言われています(笑)

RECRUIT

応募をご検討の方はこちらをご覧ください。

アルバイト採用
準社員採用
社員採用